与勇樹さんのお人形「小春」をモデルに描きました。

河口湖ミューズ館でこのお人形を見た時にとてもひかれました。

マウスで描いて水彩4で色を塗りました。
その後水彩7で顔を少し直しました。

【作者ひとこと】
 
町屋の品のあるおとなしい少女を表現したいと
 思いました。
 山と積まれた古着の束の中から
 着物や帯の柄を選び出し、
 けだるい顔の表情といかにマッチさせるかが
 難しかったと記憶しています。

 
 
映画「落下する夕方」に出演しました。

と書かれていました。
この絵で初めて着物の柄を描きました。
私は与勇樹さんのお人形の中で、このお人形が一番好きです。
それで、着物の柄も描きました。
この絵で着物の柄を描いたことで、今まで柄のなかった絵にも柄を入れました。

koharu









ジャングル
2011-08-18


Amazonアソシエイト by 水彩8 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル