シンデレラの不遇時代のお人形です。


【作者ひとこと】
 シンデレラの不遇時代。
 貧しさの中にも品の良さを表現したいと思いました。
 初期の頃の作品で、とっても気になっていましたが、
 偶然にも所有者の遺族の方が美術館にお知らせくださり、
 ご厚意によりまた手元に帰ってまいりました。

 最近の作品とは肌の質感が異なり、
 年を重ねるごとにセピア色に変わってゆく
 初期の作品は、
 落ち着いたやわらかな雰囲気を醸し出しています。


と書かれています。

与勇樹初期のお人形なのだそうです。
一度は手元を離れたのだそうですが、遺族の方の好意で手元に戻ったのだそうです。

このお人形も河口湖ミューズ館でとても気になったお人形でした。
私も絵を描き始めたころに描いたものです。
サイズを小さく書いたので細かいところがうまく描けませんでした。
水彩4で描いて、のちに水彩7で少し直しました。
全部マウスで描いたので、思うように線が引けずに苦労しました。

haikaburi2



haikaburi




ジャングル
2011-08-18


Amazonアソシエイト by 水彩8 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル