鎌倉の鶴岡八幡宮の大銀杏です。
幹回り6.8メートル、高さ約30メートルで樹齢は1000年と言われ、同八幡宮のシンボル的存在でした。

この絵を描いた次の年の台風で、根元から折れてしまいました。
もう、この姿を見ることは出来ません。

この銀杏は、鎌倉幕府三代将軍、源実朝が僧侶の公暁(くぎょう)に暗殺された際、公暁が潜んでいた「隠れ銀杏」とも呼ばれています。 

今は倒れた切り株から新しい枝が伸び始めています。

この絵は自分で撮った写真を見ながら家でPCで描きました。

turuoka

turuoka1

倒れる前の大銀杏
DSCF1659

DSCF0482


DSCF0600



DSCF0460